img1

 

ストーリーを始める:
面接リソース

 

ストーリーを始める – 応募の準備をするなかで自分自身をどのように位置付けるかを考え、キャリアの興味について面接担当者と話し合います。

研究:

役職で実際に行う仕事についてできるだけ多くのことを求人情報から学びましたか?会社が何を求めているか明確に理解していますか?

履歴書:

あなたのスキルは職務要件と一致していますか?応募しているポジションに関連する成果の詳細を書面で明確に説明できますか?

面接:

あなたは、ご自分がポジションに適格である理由を口頭で簡潔に説明する必要があります。

面接のヒントトップ5

ストーリーを使用する
人々はそれを記憶し、共感するため、面接担当者があなたの経験を簡単に理解できるようにします。状況、あなたがしたこと、そして結果に応じて仕事について話してください。 
履歴書の重点を確認し、職務記述書に関連する優れた業績を特定します。
信頼関係を築く
最善の面接は情報の交換です。面接担当者との対話を発展させて、会社のミッション、製品とサービス、および目標の文脈の中での仕事の見通しをよりよく理解します。
価値を伝える
あなたの経歴と経験が会社にどのように利益をもたらし、価値を生み出すかについてつながりを作ってください。これまでの教育と経験に基づいて、あなたが資格をどのように満たすかを回答に組み込む方法を見つけます。
面接担当者とつながる
あなたが言っていることが面接担当者に伝わっていることを示す視覚的またはその他の手がかりに継続的に目を配ります。注意が薄れているように見える場合は、回答を締めくくるか、一旦やめて、代替情報を提供してもよいかどうか尋ねます。
img1
ポジティブさを保つ
過去の経験は成長の機会であり、課題を克服する方法だと捉えてください。現在の成長分野を自覚し、知識を深めましょう。 

応募方法

ステップ1:

オンライン応募。
最大 5分

ステップ2:

採用担当者とのテキスト、電話/ビデオ、 実地面接。
15~60分

ステップ3:

雇用マネージャーとの電話/ビデオまたは 実地面接。
30~60分

ステップ4:

採用チームの1~5人のメンバーとの実地またはビデオでの面接 
jtcバナー画像
当社の人材コミュニティにご参加ください
世界で違いを生み出す準備ができているなら、ここでそれを実行できます。